• 理事長からのご挨拶
  • 院長からのご挨拶
  • 看護部長からのご挨拶
  • 医療方針・患者憲章

医療サービスの向上は、看護師である前に、
ひとりの人間として魅力的であること

総合川崎臨港病院 看護部長

小畑 美紀子

地域に暮らす方にとって、
アットホームで切れ目のない医療を

社会環境の変化により「地域が子どもを育て、地域が高齢者を見守る」という仕組みが失われ、医療機関がその役割を担うべき時代になりました。当院をはじめ、和光会メディカルグループでは、予防、医療、介護、生活支援サービスを一環して提供できる体制を整えてきました。地域包括ケアシステムをグループ内で実践していることを強みとして、地域住民の方が不自由なく生活できるように、よりアットホームで切れ目のないトータルケアを目指しています。

フラットな関係構築のための、
患者さんと医療機関の橋渡し役

当院は、患者さんを中心に各専門スタッフが連携する“人間”中心の医療を目指しています。従来の「医師>患者」という上下関係からフラットな関係性を築くために、スタッフの意識を変える事はもちろん、看護師が患者さん・ご家族と医療機関との橋渡しとしての役割を担うことで、円滑でよりフラットな関係性を構築したいと考えています。そのためにも、100人の患者さんがいても、一人ひとりの患者さんの視点に立った看護ができる人材の育成が不可欠です。

患者さん視点で、自律して
「考動」できる看護師の育成

私たちは、思いやりをもって人と接すること、自律して「考動(考えて動くこと)」することができる看護師を育てていきたいと考えています。スタッフには院内・院外問わず、自主的にセミナーや講習会に参加することを推奨しています。もちろん専門職としての自己研鑚という側面もありますが、今の自分に不足しているスキル、もっと専門性を高めたい得意分野など、日々患者さんと接する中で自分自身で課題を見つけ、それを解決できる力を大切にしています。

ワークライフバランスが、
医療サービスの質を高める

専門的な知識・技術を高めることも重要ですが、プライベートの充実も同じく重要です。それが仕事へのやりがいとなり、スタッフ一人ひとりがイキイキと笑顔で働けることが、医療サービスの質の向上に繋がると考えています。当院では、保育所の完備や、休日が確保しやすい2交代制勤務の導入など、働きやすい環境づくりを行っています。これからも、患者さんはもちろん、医療関係者にとっても魅力ある病院であり続けたいと努力しています。

看護師募集についてはこちらから