• 院長からのご挨拶
  • 理事長からのご挨拶
  • 看護部長からのご挨拶
  • 医療方針・患者憲章

地域の皆さんの健やかな暮らしを支えるため
時代の変化を見据え、しなやかに強く。

総合川崎臨港病院 看護部長

小田 明美

私たち看護部は、ケアのスペシャリストです。

私たちは、プレママさん・パパさんからベテランママさん・パパさん、おじいちゃんやおばあちゃんの喜びにともにこころ躍り、患者さまの不安・苦しさ・辛さを和らげ、寂しさや切なさに寄り添います。私たちは、患者さんが必死に伸ばしたその手を握り返し、決して離さないケアのスペシャリストです。プライドを持っています。

総合川崎臨港病院は、「ともに生きよう。100年病院。」を掲げ、地域のみなさんの健康的な生涯をともに考える病院です。
医療理念に「正しい医療」「暖かい看護」「行き届いたサ-ビス」を掲げています。

新たな命が誕生し、愛され・育ち、家族や友人・町内会・・・と馴染みの方々に囲まれ暮らし続ける地域のみなさんを支え、私たち医療従事者は、各専門職種が互いの領域を尊重し、補完し合い、高め合い、協働します。
看護部は、その多職種協働の要としての調整力を惜しみなく発揮してまいります。

助産師や看護師・介護福祉士・助手と看護部の一人ひとりが、確かな知識と技術を培い、その力に基づく暖かい、真のやさしさのケアを実践します。実践こそが変化と信頼を得ることができます。みなさんでその歩みを止めることなく、変わり続けましょう。

時代の変化を見据え、しなやかに強く、変わりましょう。

看護師募集についてはこちらから