健康な生涯をともに考える
「にんげん中心の総合病院」として

総合川崎臨港病院では、患者さん、そして地域住民のみなさまを人格と誇りを持った一人の”にんげん”として向き合う姿勢を大切にしています。各診療科の専門である医師、看護師、リハビリ担当者から形成されるチームが、みなさまとの信頼関係を育みながら心のこもった医療サービスをご提供させて頂きます。

質の高い医療サービスを提供する総合病院

最新医療設備の導入

最新機器の導入といった医療設備の充実と同時に、それを扱うスタッフの教育にも力を入れています。ハード面とソフト面の両軸が足並みを揃えることができて初めて、病気の早期発見、早期治療、より適切な治療法の提案ができると考えています。

  • 超音波診断装置
  • 乳房用X線撮影装置
  • X線CT装置

各専門領域のプロフェッショナルによる医療サービス

総合川崎臨港病院は、地域住民のみなさまの生涯にわたって寄り添いながら生きていく総合病院です。それぞれの分野のプロフェッショナル達が連携を図って、患者さん視点の医療サービスを提供しています。

リハビリテーション科

一人ひとりの状況に応じた
リバビリテーション

病気の治療法は、患者さんの状態によって人それぞれです。特にリハビリにおいては周囲の社会環境・生活環境も強く関係してくるので、より異なるアプローチが必要です。入院時の機能回復から退院に向けたリハビリ、さらに退院後の日常生活のサポートまで、長期的な視点での患者さん一人ひとりに合った生活復帰へのサポートを行っています。

詳しく見る

産科センター

日常の中で、あたり前に出産、
あたり前に子育てができるように

いのちの誕生は本来、お母さんと赤ちゃんの体が産まれる準備をして、自然に出産を迎えるというのがあたり前でした。当院では、「お母さんの産む力」と「赤ちゃんの産まれる力」を支えた自然分娩、さらに健やかな成長のために赤ちゃんが「母乳を飲むこと」「お母さんと一緒にいること」や退院後の育児相談など継続的な関わりが大事だと考えています。

詳しく見る