MESSAGE メッセージ

MESSAGE メッセージ

10年後、20年後のナースとしての働き方を考える

2025年の超高齢社会化を目の前に、医療業界は大転換期を迎えています。
病院はもちろん、看護という職業も、これまでの働き方を見直さなければなりません。
これからの時代に求られる看護師像、病院像について、当院の考えをご紹介します。

10年後、20年後のナースとしての
働き方を考える

2025年の超高齢社会化を目の前に、医療業界は大転換期を迎えています。
病院はもちろん、看護という職業も、これまでの働き方を見直さなければなりません。
これからの時代に求られる看護師像、病院像について、当院の考えをご紹介します。



地域の皆さんのため、そして自分自身の
やりがいのため、一緒に働きましょう。

 

看護部長   小田 明美
ナイチンゲールの著書

看護は日々の暮らしの中から生まれました。食べること、歩くこと、話をすること・・・これらに不安を覚え、支えが必要な方に寄り添い続けます。
健やかであることは、美味しく食べること。新鮮な空気、暖かな陽の光を取り入れることです。安全で安心なケアを提供することは、心地よい空間を提供することです。
 
看護師には、「診療の補助」と「療養上の世話」という二大業務があります。そして「診療の補助」は、現在、認定看護師や専門看護師制度が確立し、特定行為研修を修了し、発展させ「診療看護師」の誕生を迎えています。
「療養上の世話」の領域には、介護福祉士という国家資格者の誕生による幅広い介護職の存在があります。一人ひとりが、看護師として、どうありたいのか、どう成長したいのか、考える必要があります。

少子・超高齢・多死時代に入り、医療は「治す」から「共存する」時代の到来でもあります。医療・介護・福祉という制度の中で、医療ICT・地域包括ケアシステムの構築を図り、「人生100年」があたり前の時代を迎えようとしているいま(現代)、私らしく暮らしていく・・・を選択し、自己決定していく時代になりました。病院・施設等、また、あらゆる専門職が協働してシステムを構築し、質を高め、地域のみなさんの暮らしを支えます。
私たち看護師は、地域のみなさんの暮らしのあらゆる分野で寄り添い、支えていきます。確かな知識と技術を身につけ、互いに補完し合い、高め合い、真のやさしいケアの実践を目指します。
プライドを持って、働きます。
地域の皆さんのため、患者さまのため、互いの成長のため、そして、自分自身のやりがいのため、一緒に働きましょう。

PHILOSOPHY 看護部理念と方針

看護理念

私達は、患者さんをひとりの人間として尊重し、
相手の立場に立った患者さん主体の看護を提供します。
専門職として自己研鑽し、患者さんの回復過程を促進する看護実践に取り組み、
安心と信頼感ある質の高い看護の提供に努め、
地域社会の発展に応える医療・看護の発展に貢献します。
私達は、患者さんをひとりの人間として尊重し、 相手の立場に立った患者さん主体の看護を提供します。
専門職として自己研鑽し、患者さんの回復過程を促進する看護実践に取り組み、 安心と信頼感ある質の高い看護の提供に努め、 地域社会の発展に応える医療・看護の発展に貢献します。

看護方針

  1. 看護の専門性を高め、患者さんや家族が満足する良質な看護を実践します。
  2. 確実な看護実践を通し、安全文化の醸成を目指します。
  3. 地域社会と連携し、きめ細かな看護・介護サービスを提供します。
  4. スタッフ一人ひとりが誇りをもって働き続けられる職場環境創りを目指します。
  5. 豊かな人間性と倫理観を兼ね備えた看護師を育成します。

ABOUT US 病院紹介

目指すのは、地域の方が気軽に立ち寄れる「病院らしくない病院」

病院は「何か健康に問題が起きたら通う」というように、できれば行きたくない場所です。
しかし、現代医療のテーマである高齢者医療、慢性疾患、予防は患者さんとの密な関係性が不可欠です。
だからこそ当院は、ちょっとした困りごとのときはもちろん、用事がなくても立ち寄れるような
地域コミュニティの中核となる「病院らしくない病院」を目指しています。

目指すのは、地域の方が気軽に立ち寄れる「病院らしくない病院」

病院は「何か健康に問題が起きたら通う」というように、できれば行きたくない場所です。
しかし、現代医療のテーマである高齢者医療、慢性疾患、予防は患者さんとの密な関係性が不可欠です。
だからこそ当院は、ちょっとした困りごとのときはもちろん、用事がなくても立ち寄れるような地域コミュニティの中核となる「病院らしくない病院」を目指しています。

病院内観

地域に暮らす方の生涯に寄り添う「にんげん中心の総合病院」

当院は、地域密着型の総合病院として、産科、小児科からリハビリ、在宅診療と、全てのライフステージに対応した診療体制を整えています。2016年の新病棟オープンに伴い、今後の地域ニーズを踏まえ、産科病棟の増設、健診センターを新設しました。さらに、法人グループである訪問看護、デイサービスとの連携により、医療・福祉を通じた地域への貢献をより一層進めていきたいと考えています。

「病気だけでなく患者を診る」を実践するための総合外来

「病気だけでなく患者を診る」を実践するための総合外来

高齢者医療や慢性疾患に対応するためには、老衰と病気の併発、生活習慣など「病気だけでなく患者全体を診る」という視点が必要です。当院では、内科系、外科系医師が連携し、チーム全体で一人の患者さんを診る「総合外来」を導入。いつ来ても安心な「かかりつけ病院」を目指しています。

スタッフ

患者さんや地域の方が気軽に立ち寄れる環境づくり

予防や早期発見・早期治療の観点から、病院に行くのが当たり前というように、医療が「日常に溶け込む」ことが重要です。だからこそ、医療の質はもちろん、ホスピタリティや空間デザイン、地域の方に向けた健康啓発を通じた地域貢献活動に力を入れています。
 
病院内観
 
スタッフ
 
研修風景
見学会&1日インターン

 

見学会&インターン実施中!

採用試験とインターンシップを同日で行うことが出来ます。一般病床、回復期リハビリテーション病床、療養病床の他、外来や手術室なども曜日により調整が可能です。当院は、様々な健康回復過程、領域を持ち、地域の暮らしに溶け込み、寄り添う看護活動を行っています。お会いできる事をうれしく思います。